スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

DVD化してほしいライブ(1985 TAKE IT TIME)

take.jpg

DVD化してほしいライブって結局世の中にあまり映像として出回ってないものばかりになっちゃうね(笑)この年のツアーは武道館に観に行ったんだけど、当日の東京は台風直撃で永ちゃんのMCも「今、台風が通過してるなんてカッコいいじゃない!」なんて言ってたのを覚えてる。日本人バンドのツアーでもあり、この時はじめて村上ポンタ秀一の存在を知った。メッチャメチャうまいじゃん!それから数年間、全国ツアーの日本人バンドの要としてポンタがドシッと構えていたのがわかるような気がする。ライブの内容はと言うと、新旧折々の内容でアルバム「A DAY」からのナンバーが多かったような記憶がある。はじめて聞いた「チャイナタウン」ボクの中での名曲「So Long」、キャロルから「夏の終わり」、トドメに「ルイジアンナ」・・・ノックアウトされました。ライブが終わった頃には汗で全身ビチョビチョ(^^;)
スポンサーサイト

テーマ:矢沢永吉 - ジャンル:音楽

12 : 22 : 16 | Eikichi Yazawa | TB(0) | Comment(6) | UP↑

<<気ままな出張 | ホーム | DP4.61アップデーター>>
コメント
ムーン販売で~
「1987 Rock'n Roll KNIght 2 」♪を 
わざわざ東京の知り合いに頼んで、かったのですが、いまいちで~
まぁ、悪くはないのですが、あの時の発売キャッチフレーズみたいなのには、希望NO1.とありましたよ??
でもいま「1985 TAKE IT TIME'85」のリストを見てますが、!!魅力的ですね(^^)v

いいのは、ギリギリまで残しとく作戦かな??
と思ったりしてます。

映像化してない物まだたくさんあるんですよね・・・
 
by: チャチャ * 2005/11/06 13:13 * URL [ 編集] | UP↑
チャチャさん
Rock'n Roll KNIght 2はダメでしたか。
今になって思えば、あの頃はアメリカイズムを強調して出してたような時期ですよね。ですので今の永ちゃんと比較するとちょっと違うかもしれないですね。
ライブパフォーマンスで言えばアメリカの匂いと永ちゃんの匂いが融合したのは「STAND UP2」のツアーからだとボクは思います。
その後のアメリカンバンドとのツアー「Rock'n Roll Army」「Annytime woman」にしても完璧ですもんね。
映像化して欲しいものはたくさんありますよね。希望を言ったらキリがないんでしょうけど、徐々にでも出して!って感じです(^^;)
by: ターボー * 2005/11/06 14:38 * URL [ 編集] | UP↑

京都は未だ紅葉じゃなかったんですよおおおおおお    人がすごい  行くなら夕方がきれいだよ   京都はきれいだよ  まじに
by: nao * 2005/11/06 16:18 * URL [ 編集] | UP↑
naoさん
紅葉情報ありがとう。
嵐山あたりは色づいてるとか聞いたけど、まだでしたか。
今の京都は人!人!人!ですごいんでしょうね。
夕方あたりに行ければいいんだけど、夕方には名古屋に移動しなきゃいけないので残念!(>_<)
by: ターボー * 2005/11/06 19:00 * URL [ 編集] | UP↑
こんばんわ!!
確かに、85年のライブ映像みたいですね
1曲目は『苦い雨』だったのでは?
僕が、一番好きな頃の『永ちゃん』です。
久し振りに、『SORRY』が聴きたい。
by: RYU * 2005/11/07 00:07 * URL [ 編集] | UP↑
RYUさん
まいどです!
一発目は「苦い雨」でした!
スタイナーからの流れで、もしかして「逃亡者」?なんて思わせておきながら、「ジャ~ン・ジャ・ジャ・ジャ~ン」ときた時には鳥肌が立ちました。
やっぱ永ちゃんのライブは鳥肌が立たないとね~。
「お願いだ5分だけ wait for me 花束をどこかで買うから」カッコいい詞ですわ。
by: ターボー * 2005/11/08 19:36 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

ターボー

  • Author:ターボー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。