スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

ギターからベースへ

以前、何かの雑誌で「ギターの音をトランスポーズしてベースの音にする」という記事が載ってたんだけど、dpで試してみた。
ん~、正直「これってどうなの?」って感じだけど、センスある人がやればそれなりに聞こえるのかな。

art_tube_studioa.jpg
先ずはストラトの音をプリアンプ(ART Tube MP)を経由して録音。
当然の事ながら、ベースにしては低音がなくペケペケしたストラトの生音って感じ。
それがこんな感じ。
before mix

trans.jpg
このストラトの音をトランスポーズ(1オクターブ)してみた。最初録ったテイクは若干歪んだ部分があったせいか、その歪みの音がトランスポーズされブリブリというか、ガボガボみたいな感じなって失敗。改めて極力クリーンに録れるように工夫し何度かテイクを重ねる。

で最終的にトランスポーズしてみて良かったテイクがこれ。
after mix
トランスポーズした後、EQ、コンプ等で慣らしてみたものの、ボクの技量ではここまでが限界。
耳が肥えてる人、センスのある人はもっとうまく処理するんだろうなぁ。
いやこの方法がホンマにリアルに聞こえるのであれば、打込みしなくてギターでベース録りをしようと思ってたんだけど、ん~・・・ボクの場合は打込みの方がいいかなって感じかな(^^;
スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

00 : 24 : 45 | DP & REASON | TB(0) | Comment(0) | UP↑

| ホーム | 次ページ

プロフィール

ターボー

  • Author:ターボー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。